渋谷校校舎ブログ

高2生・保護者対象イベントについて

こんにちは!渋谷校チューターの手塚です。

 

今回は渋谷校で開催される「親子で考える看護医療系入試の基礎知識」というイベントをご紹介いたします!

 

今から始めるAO・推薦入試対策・一般入試対策・面接小論文について詳しくお話します。

看護医療系の入試は一般的な学部の入試とは異なるので受験に対して意識し始めるこの時期にぜひ聞いてみてください!

 

日時:2月13日(水) 19:00~20:00

   2月20日(水) 19:00~20:00

場所:新宿セミナー 渋谷校

 

高2クラス3学期授業が1月9日から始まっています。お越し頂いた際にはその授業を無料体験する予約も承っています。

お電話待ってます!ぜひお越しください!

 

 

お電話での連絡・申込

新宿セミナー渋谷校 TEL 03-6450-5841

東京都渋谷区渋谷1-17-16ニュープラザビル1F

(火・日曜除く 14:00~19:00)

ホームページでの申込はこちら

 

 

 

チューターから高2のみなさんへ

こんにちは!渋谷校チューターの手塚です!

 

2019年、新年早々定期試験がありそれが終わればすぐに病院実習…という多忙な日々から始まっていますが今年も充実した1年にしようと思います!!

 

 

今回は高2のみなさんに今のうちからやっておくといいことについて話したいと思います。

他のチューターさんも同じテーマについて先にお話ししてくれているのでそちらもぜひご覧ください!

 

まだこの時期の高校2年生は春の総体などに向けて全力で取り組みたい時期だと思います。ですが!!受験にむけて少しは意識してほしいです。今から少しでも始めている人と部活終わってから本気で始める人と明らかに差が出ます。

 

たとえば、高2の1月から引退するまでの6か月間(30日×6か月=180日)毎日英単語をコツコツたった10個覚えるとします。引退してから始める人とその時点で1800語の知識の差が生まれます。

 

この差はなかなか埋まりません。先にやったもん勝ちです。

 

英語が苦手な人でも英単語をたくさん知っているだけで読みやすさが全く異なります。本格的に英語の長文を読み始めた時に英単語をもっと早くからやっておけばよかった…と必ず思います。

そうならないためにも1日5個でもいいのでやってみましょう!

 

 

また、志望校を具体的に決めるために大学の情報収集をすることをお勧めします。

時間があるうちに自分はどのようなことがやりたいのか、どのような看護師になりたいのか、そのためにはどのような進路を選ぶべきかなど、じっくり考えてみてください。

 

大学によっては小論文が必要だったり集団討論があったりさまざまです。志望校をある程度決めると自然とやらなくてはいけない事が見えてくると思います。

しかし、まだ全部を始めるのはやる気が出ないと思います。まずは、得意科目の復習を始めることをお勧めします。好きな科目であればやる気にもなれると思うし苦ではありません。

高2のうちは1日1時間でもいいから机に向かってみるといいと思います。今のうちに机に向かう習慣をつけておくと引退後、スパッと切り替えられます。

 

 

また、19,20日にあるセンター試験の問題を少し解いてみることもおすすめです。

 

今、自分がどのくらいできるのか、センター試験ってどのくらいの難易度なのか知ることで受験への意識が一気にぐーっと上がると思います。今はやってないのでできなくて当たり前です。出来なくて落ち込む必要はありませんが少し危機感がもてるといいなと思います。

 

 

以上が私が高2のみなさんに伝えておきたいことでした!

悔いの残らないよう部活も勉強も全力で取り組んでみてください!!

 

 

【渋谷校】 入試が始まったら・・・

こんにちは!渋谷校チューターの阪口です。

 

2019年になり、いよいよ受験本番直前、みなさんの実力を発揮する時がもうすぐやってきますね。

センター試験が終わると一般入試が始まり、短期間で入試を次々と受ける人や、長期にわたってある程度日をまたぎながら受ける人など様々だと思います。ここからは私の去年の経験をもとに、注意した方がいいことアドバイスなどを書かせていただきたいと思います。

 

まずアドバイスとして、受験する全ての学校の出願期間、試験日、合格発表日、手続締切日を漏れなく把握するために一覧表などを作ることです。一般入試では、合否の結果によって入学金を支払うかどうかが変わったり、同じ大学でも受験日程の違いで願書の提出期間が変わったりととても複雑です。私は昨年、同じ日に二つの大学の合格発表日と手続き締切日が重なってバタバタしたり、ある大学の出願期間を勘違いして受け損ねたりとハラハラすることが何度かありました、、

そのため、入試に関する日程は自分でしっかり管理することが大切です。

 

次に気を付けていたこととして、私は1月の下旬から2月の上旬にかけて、2日連続や3日連続で入試があったため、そのような日には体を休ませ、きちんと睡眠をとることを優先しました。入試の時ははとても気を張っているため自分で思っている以上に体も心も疲れます。そのため、眠くないからといって無理し過ぎて次の日に支障が出てしまわないように気を付けましょう。

ただ、次の日に受ける学校の過去問等に一度は目を通しておくといいと思います。入試が立て続けに行われていて時間に余裕がないとは思いますが、みなさんも感じている通り学校によって問題の傾向は全く違ってくるので、時間配分や問題を解く順番などを再確認しておくと当日落ち着いて解くことができると思います。

あともう一点、時計は必ず持参しましょう。これまた私の失態談になりますが、当日会場に時計がないときに限って時計を忘れてしまい、時間配分ができなくてとても焦った経験があります、、

そのため、ぜひ家を出る前に持ち物チェックをしましょう!

 

また、入試当日のちょっとした時間には、特に重要な頻出問題や苦手な分野を見直すようにしていました。

入試直前に見ていた問題が入試の問題に出たりと、最後の最後まで何が起こるかわからないのが受験です。滑り止めの学校でも決して気を抜かず、あるいは挑戦校で自信がなくても最後まで力を発揮してほしいと思います。

 

長くなりましたが、

本番まであと少し!みんなで頑張りましょう!

2019年度 合格者報告会のご案内

こんにちは、渋谷校です。

今日は渋谷校で行われる、合格者報告会というイベントについてご紹介します!

先日合格が決まったばかりの当校生徒による勉強方法入試対策試験会場の様子など合格体験の様々な話が聞けるチャンスです!

また、成績、苦手科目、進路についての悩みなど何でもご相談ください。

 

ちなみに当日合格体験をお話ししてくれるのは、順天堂大学東京医療保健大学都立荏原専門学校に合格した生徒と、現在日本赤十字看護大学に通うチューターです。合格体験に加えて、現在大学でどんな勉強をしているのかどんな生活を送っているのかなどの話はきっと興味があるのではないかと思います!ぜひこの機会に足を運んでみて下さい!

 

日時:平成31年1月12日(土) 16:20~17:20

場所:新宿セミナー渋谷校

 

お電話での連絡・申込

新宿セミナー渋谷校 TEL 03-6450-5841

東京都渋谷区渋谷1-17-16ニュープラザビル1F

(火・日曜除く 14:00~19:00)

ホームページでの申込はこちら

 

また、現在受付中の高2クラス3学期授業1月9日より開始いたします!

[渋谷校] チューターから高2のみなさんへ

こんにちは!聖路加国際大学1年のチューターの阪口です。

早いもので今年もあと10日で終わってしまいますね。。

私の大学では今日で後期の授業が終わり、明日から冬休みが始まります!やっと一段落ついたのですが、1月は課題提出や試験、実技のテストなど盛りだくさんなのであまりゆっくりしていられないのが現実です、、

しっかり計画を立てて年末年始を過ごしたいと思います、

 

さて!今日は高校二年生のみなさんに向けて、この時期にやっておいたほうがよいことを少しアドバイスさせていただきたいと思います。

まず単刀直入に言うと、受験勉強は早め早めにやっておいた方が絶対に良いです!なんで良いかという理由はいくつかあって、まず高3になってから本格的に勉強し始める人と差をつけることができるからです。部活動の引退の時期など、様々な理由で春期講習から、または6月ごろから新セミに入って受験モードになっていく人はやはり多いかもしれません。

 

そこで、高2のうちから少しずつでも今までの復習などをしておくことで、一歩リードした状態で高校3年生を迎えることができます。勉強する優先順位としては、自分の受験する大学や苦手科目によってひとそれぞれではありますが、やはり英語はどの大学も必須科目であるし、すぐに実力をあげることは難しいかもしれないので単語を進めるなど最低限のことはしておいた方がよいと思います。他の科目も、今までの復習などできることから少しずつ始めていきましょう!

実際私は、高3の春期講習から新セミに入ったとき、以前から他の塾で勉強を始めていた英語以外の教科は高2の時から新セミにいた生徒との差をすごく感じました。

 

また、早めから勉強の習慣を身に着けておくことが大事だからです。私の場合、6月で部活動を引退し、そこから急に学校以外の時間は1日中勉強するという生活に変わったため、前の生活とのギャップについていけなくなりそうになる時もありました、、

そうならないためにも、勉強する習慣を早めからつけ、徐々に勉強時間を増やしていく方が精神的にも身体的にも良いと思います。

 

以上、私からのアドバイスでした!

少しでも参考になれば幸いです、!

 

 

渋谷校の推薦入試、結果出揃いました。(12/12時点)

みなさん、こんにちは。

渋谷校 林です。

 

すっかり寒くなってきましたが、受験生はこれからが

本番! 風邪などひかず、頑張りましょう!

さて、渋谷校の推薦入試結果が出揃いましたので、

ご報告です。

上智大学 1名

杏林大学 1名

順天堂大学 1名

日本赤十字大学 1名

東京女子医科大学 1名

東京医療保健大学 3名

横浜創英大学 2名

慈恵看護専門学校 1名

昭和大学付属看護専門学校 1名

都立荏原看護専門学校 1名

 

ここからは一般入試が本格的に始まっていきます。

志願書添削、模擬面接を確実に受けて、合格を目指しましょう!!

 

 

 

滑り止め校の決め方

こんにちは!渋谷校チューターの手塚です。

 

今回は私なりの滑り止め校の決め方について話したいと思います。

 

まず、私は受験校を決める段階でいくつかの条件を作っていました。

 

小論文を必要としない。(第一志望校で必要なかったため)

・数学、生物、生物基礎、化学基礎のいずれかで受験可。

・附属病院がある。(実習病院がある)

・家から通える範囲にある。

・一度大学へ行ってみて話を聞いていきたくなるようなところであるかどうか。

・国家試験の合格率

 

このような条件を決めてから、第一志望校に近い偏差値のところを滑り止めにしていました。

 

受験科目なども大事なのですが1度その大学に行ってみてこの大学に通う自分が想像できるか、この大学なら頑張れそうか、という点も大事にしました。

 

もしかしたらその大学に通うかもしれない場所なので行きたくもないところに合格して行く事になったらモチベーション的にも不安だったので気にしていました。

 

今更、受験するところを見に行く時間なんてない!という方もいると思いますがホームページをもう一度よく見てみるなどしてここなら通いたい!と思えるところを受験してみてほしいと思います。受験勉強のやる気にもつながります。

 

また、偏差値を下げれば受かりやすいというのは間違いだと思います。

 

看護系はどこも入試で面接を実施する中でここは余裕で受かるから~などやる気の感じられない面接だといくら筆記試験で点数がとれたとしても合格しません。

偏差値を下げれば下げるほど扱う内容なども変わってくるので同じような偏差値の大学をいくつか受けることをオススメします。

 

受験校を決めてからの模試では、同じ場所を志望する人たちの中で自分が今どのあたりにいるかどうか確認の目的でも使ってみてください。判定などは気にしすぎはよくないよ!

 

ぜひ参考にしてみてください!!

 

 

日赤看護大 集団討論について

こんにちは!渋谷校チューター、日本赤十字看護大学1年の手塚です。

 

今回は、私が去年体験した日赤看護大の推薦での集団討論について話したいと思います。

 

お題は「心の柔軟性とは」でした。

 

話の展開としては、各々高校の部活動で経験した心の柔軟性が必要だと感じたエピソードから医療従事者になった時にすべきであろうことを討論しました。

 

私が体験してきて思う集団討論のポイントは…

 

集団討論のポイント

 

人の話は耳だけでなく目でその人のほうを見て聞いている感を更に出す!

体の向きもちょっぴり変えてうなずくなどのアクションを起こすとより良い。

 

話の主導権を握る必要はない!

司会者のようにする必要はないですが、話が詰まったなと思ったときに私は○○についてこう思うのですがどう思いますか?と質問を投げかけるのはいいと思います。話がスムーズに進んだりその後やりやすくる。その時にただ質問を投げかけるのではなくきちんと自分の意見をいうべき。

 

対立意見が出た時は言い争いはしない!

○○という意見がありましたが私は△△だと思います。など相手の意見を受け入れつつ自分の意見をきちんと話す。喧嘩っぽくなってはいけない。笑

 

発言した回数が多いほど良いというわけではない!

むやみやたらと発言するより意見をはっきり言うほうがいい。

私自信あまり発言するタイプではなかったのですが、話をたくさんする看護師がいいという患者さんもいれば、静かに話を聞いてくれる看護師がいいという患者さんもいるから無理に言おうとせずそのままでいいといってくださったおかげで気持ちが楽になりました。

 

必ずしも医療の話題にする必要はない! (日赤だけかもしれないけど…)

日赤は国語や英語の試験でも医療知識を問うことはありません。討論や面接でも聞いてくることはないからわざわざ医療知識を身に着ける必要はないから無理に医療の話題につなげても難しくなるだけだからおすすめはしない。

しかし、話が詰まったら難しいワードなどを出さずに看護師だったら…という話題にすることはいいと思います。(私の時がそうでした。)

 

言いたいことがあったら簡単にまとめてすぐに手を挙げる!

私はよく言いたいことがあっても前の人の意見が終わった時にすぐにはあげられず言いたかったことがかぶってしまい言えずに終わっちゃった…ということが多くありました›‹;

後悔するので言いたいことは言う!

 

話してる途中に自分で言いたいことが分からなくなったら潔く切り上げる!

20分という短い時間でだらだら話してしまうと話も進まなくなってしまうので切り上げるほうがいい。

 

話した内容や共感した意見、印象に残った意見は覚えておく!

私はそのあとの個人面接で聞かれました。もしかしたら聞かれるかも…?

 

苦手意識がある人は回数をこなしてみよう!

私は苦手意識がめちゃくちゃあったので自分の通っていた校舎でも新宿校でも何度も行いました。発言することへの緊張感は徐々に薄れていったのとこういう雰囲気でやるということを知れるのでオススメ!

あと、集団討論練習で仲良くなった子や見たことのある人が試験会場にいる!ということがありました。入試という緊張する場面でそういう人がいると少し安心すると思います。

まだまだ新宿校でも行っているので参加してみよう!

 

 

以上が私が思うポイントです。少しでも参考になればいいな思います!

 

 

日赤の入試は一般試験も集団討論が必ず行われます。

学科試験の勉強の息抜きにも集団討論を1回は試験前にすることをオススメします!!難しく考えすぎずに挑んでみよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高2対象イベントについて

こんばんは!

渋谷校チューターの阪口です。

 

今回は、渋谷校で開催される、高校2年生と保護者様を対象とした親子で考える!看護医療入試の基礎知識」というイベントの追加日程についてご紹介したいと思います!

 

前回のブログでも紹介させていただいた12月1日(土)に加えて、12月15日(土)も開催することが決定致しました!!

時間はどちらの日程も、16:20~17:20になります。

 

看護医療系に必要な勉強方法、スケジュールなど、基本的なノウハウをお話しいたします。

多くの方のご参加をお待ちしております!

入学前にやっておきたいこと

 

こんにちは!渋谷校チューターの手塚です。

 

推薦入試を控えている方は焦る時期だと思いますが、あとやれることは限られているのでここまでやってきたことを信じて試験に臨んでください!

合格の報告をお待ちしています!

 

今回は入試を終え、入学までにしておくべきことを話したいと思います。

 

私はセンター試験を受けなければいけなかったので入試後はセンターに向けての勉強をしていました。

周りの友達は一般に向けて勉強していたので受かって浮かれているのを悟られないように気を付けていました。推薦で決まった人たちの会話で一般の人は気を悪くしてしまうかもしれないので十分に気をつけたほうがいいと思います。

 

入学してから思ったことは、もっと勉強をいておけばよかったということです。

 

高校で生物や化学を履修しなかった人は少しでもいいので勉強しておくことをお勧めします。

大学で生物や化学という科目を勉強しないところでも生化学や解剖生理学で高校の内容の応用が出てくることが多くあり、高校の教科書のほうが分かりやすく振り返えることもあるのでやっておきましょう!

 

1番のオススメは新宿セミナーの入学準備講座の解剖生理学入門!!

 

自分で始めようと思っても意味わからなすぎるし続かないです。

高校までの生物でやっていた内容とはかけ離れていて驚くほど覚えられないし難しいし膨大な量なので本当に大変で少しでも入学前に触れておけば確実にば楽です。

 

 

進路先が決まって浮かれて遊びたい気持ちはわかりますが一般の方より入学前にせっかく時間があるので入学前準備をしましょう!

 

 

1 / 512345