国立校校舎ブログ

国立校 第2回看護医療全国模試が行われました!

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林です。

先日6月24日(日)に新宿セミナーの第2回看護医療全国模試が行われました。

image1 (3)

 

 

 

 

 

 

 

第2回の模試はマーク式でした。第1回で出来なかったところや苦手だと感じた分野、教科

は克服できましたでしょうか。

そして私が前にブログに書いた「模試活用法①、②」の通り、

すぐに答え合わせ間違え直し苦手分野の復習をするようにしましょう。

夏が始まる前に模試の復習を完璧にし、目標を立て夏に苦手を克服し、

9月16日(日)に行われる第3回看護医療全国模試で

偏差値を上げて、第一志望校に近づけるように頑張ってください!

国立校 ~東京慈恵会医科大学のオープンキャンパスについて~

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林です。

最近雨の日が多くなり、いよいよ梅雨の時期に入りましたね。

雨の日は外に出るのが憂鬱になるので早く梅雨が明けて欲しいです。

そして梅雨が終わったら夏ですね!

夏といったらオープンキャンパス!!!

私の通っている東京慈恵会医科大学のオープンキャンパスは

 

場所:国領キャンパス 看護学科校舎

第一回:7月21日(土)13:00~16:00

第二回:7月22日(日)9:30~13:00

 

に行います!!

慈恵のユニフォームの試着、看護体験、個別相談などのイベントがあったり、

学生食堂ベラでおいしい食事も食べることができます。

詳細は東京慈恵会医科大学のHPに掲載されているので確認してみてください。

両日ともボランティアとして私もいるので、見かけたら声をかけてくれると嬉しいです!

国立校 ~看護体験について~

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林です。

昨日の6月12日(火)から「一日看護体験学習」の応募の受付が開始しました。

応募の受付期間は、6月12日(火)~6月25日(月)です。

高校生の方の応募方法は「インターネット」または「往復はがき」となります。

参加できるのは1人1施設です。また、参加施設の決定は‘‘先着順”なのでお早めにお申込み下さい。

看護体験の参加費は無料で、実施期間は

7月23日(月)~8月3日(金)です。

実施内容は、(※施設により一部異なることがあります)

①施設概要の説明及び施設見学、②看護体験、③看護職員との懇談会

看護体験の内容は、

〇体温、脈拍、呼吸測定 〇血圧測定 〇車椅子介助、ストレッチャー移送

〇洗髪、手浴、足浴、清拭の介助

などです。

 

実際に看護師の職を体験してみることで、看護師の仕事内容や患者さんとの関わり方

など、学べる事がとても多いのでとても良い経験になります!

私も高校生の時に2回看護体験をし、患者さんとの接し方や足浴の仕方などを通してケアすることの難しさ

を実感することができたり、直接看護師の方とお話しをすることができたので

体験してとても良かったと思います。

また、看護体験のことを面接の際に聞かれることがあるので絶対に体験した方がいいです!!

 

看護体験に参加したあとは、その日のうちに体験内容や体験して気づいたこと、感じたことなど

ノートにまとめておくと面接対策の時にとても有効に使えるので是非やってみて下さい。

 

国立校 ~イベントのお知らせ~

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林です。

最近日中は気温が高くて暑いですね。天気予報によるともうすぐ梅雨の季節だそうです。

梅雨が終わったら受験生にとって、とても大事ながやってきますね。

今日はもうすぐやってくるの前に受験生のやる気のでる国立校のイベントを紹介します!

 

日程は、

 

6月23日(土)16:00~17:00

「憧れの人気大学&専門学校の先輩に聞く!看護医療系学生生活と夏の合格学習法」

 

このイベントは看護医療系入試を知ってを攻略しようという趣旨のイベントです。

国立校では杏林大学の先輩が来てくれ、実際の学生生活や受験勉強方法について話をしてくれます。

実際の先輩の学生生活を聞くと受験勉強のやる気も出てきますし、先輩の学習法を聞いたら

自分の夏の目標も立てやすくなります。

自分のやる気向上のためにも、夏の受験勉強の目標を立てるためにも

ぜひこのイベントにご参加ください。

 

国立校のイベントに参加希望の方はena新宿セミナーHPまたは

こちらの電話番号よりお申込み下さい。

国立校 TEL 042-843-0011 (火・日除く 14:00~19:00)

定員に達し次第締め切りとなりますので、お早にお申込み下さい。

国立校 チューター小林です!~オープンキャンパスのアドバイス~

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林です!

6月に入りそろそろどの大学のオープンキャンパスに行こうか

考え始めている人もいるでしょう。

私は各大学のオープンキャンパスの日程がわかり次第、夏期講習と被らないように

日程を組み立てていました。また、オープンキャンパスに行く前に準備をしてから

行くようにしていました。

今日はその準備オープンキャンパスを有意義なものにするにはどうするべきか

教えたいと思います。

 

まず最初にオープンキャンパスを有意義なものにするために私は、ただ説明会に参加して帰るだけではなく

各大学の生徒・教員・(もしいたら)看護師と話しをするようにしました。

そうすることでその大学や生徒さんの雰囲気がわかりますし、面接の際に志望理由として伝えるときに

具体的に伝えることができます。またオープンキャンパスに附属の病院に現役で働く看護師さんも来ているならば

話すことで、実際の病院の雰囲気もわかりますし、受験勉強へのやる気にもつながると思います。

私は、慈恵のオープンキャンパスに行った際に慈恵第三病院で現役で働いている看護師さんと話せるコーナー

があり、そこで実際に話したことで慈恵に行きたい気持ちが強くなり、受験勉強へのやる気にもつながりました。

そしてオープンキャンパスに行く前の準備として生徒・教員・看護師別に聞きたい質問内容をノートに記入していました。

そうすることでスムーズに質問をすることができます。

また、質問に答えてくれた内容は必ずメモを取っておくようにすると面接対策のときに役に立ちます。

 

みなさんも自分自身で工夫したりして、オープンキャンパスに参加してください。

 

国立校 チューターの小林です! 今日から6月スタートです!

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林楓夏です。

いよいよ今日から6月ですね。受験生の皆さんはそろそろ部活も引退する時期で

本格的に受験勉強に取り組み始めている頃でしょうか。

学校の周りの子が勉強をし始めている姿を見ると焦りますよね。

私は去年のこの時期にはもう本格的に受験勉強を始めていました。

受験勉強を始めた最初の頃は勉強習慣が身についておらず、

毎日勉強することがとても苦痛でしたが、1~2週間程勉強を続けていると勉強することに慣れて

毎日勉強することがそれほど苦痛にはならなくなってきました。

当然集中力が切れてしまった時などは気分転換をすることも大事ですが

未だに勉強習慣が身についていない人はまず1~2週間勉強を続けることを目標に

頑張ってみて下さい。

そして勉強時間の目標は平日は4~6時間休日は10時間以上を目指して勉強の計画を立てましょう!

 

今勉強していることは決して無駄にはなりません。

大学へ入学したあとも今勉強した知識は必ず役に立ちます。

特に看護医療系の大学では生物基礎や生物の知識などは授業でも取り扱ったり、

将来の職業にもつながる科目も多いので、高い志をもって勉強に取り組みましょう!

国立校 チューターの小林です!

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林です!

今日はとても嬉しいことがありました!

なんとついに実習服聴診器が届きました!

慈恵の実習服は、ワンピースタイプズボンタイプの2つがあり

どちらも青のストライプに白色のベルトをつけるデザインになっていて、とても可愛いんです!

慈恵の生徒たちも可愛いとみんな言っています。

実際に今日届いた自分の実習服を見て早く着たくなりました!本当に可愛いので着る日がとても楽しみです!

それと聴診器も届きました。慈恵ではさまざまなカラーから自分の好きな色を選んで決めることができます。

また、お好みで自分の名前を入れることもできるんです!

私の聴診器はくすんだ濃いピンクみたいな色に耳にあてる部分の色は黒にして、アルファベットで

名前もいれてもらいました。

初めて聴診器をもらってわくわくしたのと同時に、少しずつ自分が看護師へと近づいていることを

実感し、身が引き締まりました。

 

そして実習セットが全て揃っていよいよ7月下旬からシャドーナースという実習が始まります。

初めての実習ですが今からとても楽しみです!

シャドーナースについては実習を終えてからその内容など詳しいことをまた紹介したいと思います!

国立校 チューターの小林です! ~東京慈恵医科大学について一部紹介~

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林楓夏です。

今回は私が現在通っている東京慈恵会医科大学について一部紹介したいと思います。

 

東京慈恵会医科大学では一部の授業で医学科との共修科目があり、

その科目を通して医学科と看護学科でそれぞれコミュニケーションをとり、交流を深めています。

その中でも「医療総論演習」という共修科目について今回は紹介していきます。

 

「医療総論演習」という科目では医学科と看護学科合同で6~7人の1つのグループがつくられ、

主に医療系に関するテーマについてグループ内でお互いにディスカッションしながら

意見を交換する、という科目です。

最近行ったディスカッションのテーマは「優生保護法はあるべきか」についてでした。

優生保護法とは病気や障害をもつ子どもが生まれこないようにする、という意味の法律です。

このテーマ自体難しく、非常に議論しにくかったですがディスカッションを通して

他の人がこのテーマについてどう考えているのか知ることができ、自分自身の見解を広げられたと思いました。

優生保護法があるべきという意見やそれに反対の意見の双方とも納得する意見で、

正しい答えが最後まで見つからないままディスカッションが終わってしまいましたが

このテーマについてディスカッションしたことで、優生保護法について詳しく知ることが

できたり、何が問題で今議論されているのかわかったりと、とても良い経験をすることができました。

 

このように、「医療総論演習」という科目ではそのテーマについて知識を深めることができたり、

医看それぞれの意見を聞くことができ、毎回良い刺激をもらっています。

さらに、この授業を通して医学科との仲を深めることもできるのでとてもやりがいのある科目であると

思っています。

今回は「医療総論演習」という科目について紹介しましたが、

これからも他の科目のことや学校生活のことなど、東京慈恵会医科大学について紹介していきたいと思います!

 

国立校 チューターの小林です!~模試活用法②~

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林です!

今日のブログは前回の続きです。

「模試活用法①」は5月23日の国立校のブログに掲載されています。

 

今回紹介するのは、模試の答え合わせと間違い直しを終えた後の苦手分野の復習についてです。

 

私は模試の答え合わせと間違い直しが終わった後、各教科ごとに間違えが多かった分野や

知識不足だった分野を整理して苦手分野の復習をしていました。

整理すると自分の苦手分野が明確になるので復習し易かったです。

そしてその際に優先順位をつけ、最も苦手な分野から復習するようにしていました。

こうすると、勉強し始めの一番集中できる時間でするので最も苦手な分野でも

取り組みやすく、理解しやすかったです。

また、復習は模試の解答を熟読し教科書や参考書や図説なども用いて行っていました。

そして、復習して理解が深まったところや苦手を克服できたところを

自分で紙に書いて整理し、自分がなぜこの問題が苦手だったのかをポイントとして記入

したり、新たな知識を得た部分は参考書や教科書に直接記入するようにしていました。

そうすることで見直しやすくもなり、頭の整理をすることもできますよ。

 

私の模試活用法は以上です!

まだ今回の模試の答え合わせや間違え直し、苦手分野の復習が終わってない人は

今からでもいいのでなるべく早く取り組むようにしてください。

そして、第2回看護医療全国模試は6月24日(日) オールマーク式です。

第1回の模試でできなかったところや苦手だと感じた分野を第2回の模試では

できるようにすることを目標に頑張ってください!

 

 

 

 

国立校 チューターの小林です!~模試活用法①~

こんにちは。新宿セミナー国立校チューターの小林です!

先日の5月13日(日)に新宿セミナーの第1回看護医療全国模試がありました。

image1

今回の模試は記述式でしたが、みなさんの実力は発揮できましたでしょうか。

出来にかかわらず、せっかく受けた模試は上手く活用するようにしてください。

今日のブログでは私の模試活用法を紹介したいと思います!

 

模試を活用する上で私が必ず行っていたことは、

模試の答え合わせ間違え直し苦手分野の復習の3つです。

今回は 「模試の答え合わせと間違え直し」 について紹介したいと思います。

 

模試の答え合わせと間違え直しは、模試を受けた日に必ずやるようにしていました。

なぜなら、その日にやらないと問題を解いた時に自分がどういう考え方でこの解答にしたのか、

その問題の何がわからなかったのか、どこでつまづいたのかを忘れてしまうし、

なによりその日のうちにわからなかったことをわかるようにすることはとても効率の良い勉強方法だからです。

どんどん後回しにしてしまっては問題を解いた時の感触や思考回路を思い出せなくなってしまい、

間違えの原因を追究できなくなってしまいます。

模試は自分の実力をはかるためだけではなく、自分の弱点を見つけ出し、改善するために行うものなので、

模試が終わったらすぐに問題の答え合わせと間違え直しをするようにしましょう。

 

 

 

5 / 33«34567»