所沢校校舎ブログ

冬の特別セミナー

こんにちは

新セミ所沢校の大群です。

寒くなってきますと、温かいコーヒーが飲みたくなりますね(年中飲んでますがw)

コーヒーは漢字では「珈琲」と書きます。

「珈琲」という漢字を日本で初めて考案したのは

幕末の蘭学者、宇田川榕菴(うだがわようあん)だと言われています。

「珈琲」と表記された理由は、コーヒーの木の枝に実った赤い実の様子が、

当時の女性が髪に飾っていた「かんざし」に似ていることからだそうです。

「珈」は髪に挿す花かんざし、「琲」はかんざしの玉をつなぐ紐を表しているとの事です。

言葉の成り立ちを知ると、漢字が味わい深くなりますね(コーヒーだけに)

さて、本題です

新セミと日本赤十字看護大学がコラボして冬の特別セミナーを行います 💡

日本赤十字大学の橋詰朋子先生を講師に招き、

基調講演のテーマは「患者に寄り添う看護師~広がる看護師の活躍の場~」となります。

所沢校舎ではオンライン講演にリアルタイムで参加することが出来ます。

貴重な機会ですので、特に看護医療系への進学を考えている高2生は是非ご参加ください!

日時:2021年12月5日()11:00~13:00

詳細はこちら

ご予約は↓

日本赤十字看護大学 冬の特別セミナー

所沢校舎にお電話いただいてもお申込みいただけます。

その他、各お申込みやご相談も校舎までお問合せください。

所沢校 ☎04-2941-3541

✉ tokorozawa@shinsemi.biz